FPS初級の極み ~初心者上達のコツまとめ~

初心者がキルレ1.0を超える最短の方法、コツをここに記す。初心者向けに多くのFPSで使えるスキル上達方法を紹介。誰でもできる立ち回りを中心に学び、頭を使って上達!”初級の極み”つまり中級に到達できます!

初心者向けに多くのFPSで使えるスキル上達方法を紹介。
誰でもできる立ち回りを中心に学び、頭を使って上達!”初級の極み”つまり中級に到達できます!

スポンサーリンク

【Overwatch】【立ち回り】トレーサーは敵を倒せなくても、この動きができればチームに貢献!

f:id:whiteblacking:20160618014226j:plain

前回の記事でトレーサーのブリンクを使った立ち回りについて書きました。今回はブリンク以外の立ち回りについて書いてみようと思います。トレーサーを使うなら「こんなことを意識して動いたらいいよ」ということをまとめています。

 
本題に入る前に余談ですが、トレーサーのスキルの正式名称などを調べていたところ、声優さんが「加藤英美里」さんという方だと知りました。私はゲームはしますがアニメは一切見ませんので、この声優さんも知りませんでした。が、「ちょっとぐらい知っているアニメのキャラの声をやってる人かなー?」と思って、ちょっと調べてみ ました。
 
 
結果、「マジで全っ然しらねーアニメのキャラばっかり(笑)」。いや、私がアニメ知らないのが悪いんですよ(ファンの方とかいたら気を悪くしないでもらいたいです)。だけどね、加藤さんが担当してたアニメ・キャラと、私の知識がかろうじてかすったのは、
・「名探偵コナン(女子 の役) 第575話」
あと「バクマン」は聞いたことあるなぁ、NHKのCM(笑)で見た気が。
「たまごっち!~みらくるフレンズ~(みらいっち)」 うん、たまごっちは知ってるよ。
「ポケモン ミュウツー~覚醒への序章~」 なにそれ、ポケモンはしってるけど。映画かな。
 
この人ものすごくたくさんのアニメや映画で声優やっている、有名な方なんですね。ちなみに、もうwikipediaにもしっかり「オーバーウォッチ(トレーサー)」って書いてありますね。さすが。
 さて余談が長くなりましたが本題。トレーサーを使うときに気にしておくことを書くよ。

スポンサーリンク

 

 

とにかくやられないように気をつける。危ないときは躊躇なく逃げる。

f:id:whiteblacking:20160620233354j:plain

画像は某TV局の人気番組ですが、敵がサングラスをかけていなくても、手をパーにしてシュンシュン走ってこなくても、トレーサーは逃げてもいいんです。とにかくやられないように気をつけること。細心の注意を払うこと。これがトレーサーは大事だよ。
 
ダメージを受けて体力が減ったら、このようにHPを回復して、とにかく体制を立て直そう。
・リコール(R1ボタン)でダメージを受ける前まで巻き戻す(これはどのブログにでも書いてある、トレーサーの基本動作)
・ひとまずブリンクで逃げて、そのへんに落ちている回復アイテムを食べて、体制を立て直す
・回復してくれるルシオやマーシーといった味方の近くに戻る。「回復して」サインを送る。
 
トレーサーはHP150と他のヒーローと比べるとHPが少ない部類です。とにかくちょっと撃たれたり、殴られたりすると、あっというまにやられちゃいます。本当にあっというま。生き延びたらラッキーとおもって、逃げて体制を立て直そう。もう一度チャンスはやってくるし、リスポーンの時間がもったいないからね。
「逃げてもいい」これを頭に入れておくといいです。
 

ウラを取って「狙う」のは敵のサポート。タンクはちょい撃ちするだけ。

ト レーサーはウラ取り(敵と正面からぶつかるのではなく、わき道をせこせこ進んで、敵の背後から現れて攻撃することね)が基本ですが、敵一味のウラを取ったときに、まずはサポートを狙いましょう。ここまではウラ取りの基本ですね。
 
トレーサーの場合は、ウラを取ったときに敵がタンクだけだった場合は、ムリして倒しにいかなくてもOK。自分がやられない程度にちょっとタンクをちょっとだけ攻撃して、敵がこちらに気づいたらにげちゃってもOKです。このゲームの目的は「敵を倒すこと」ではありません!拠点を制圧することです。タンクをチョイ撃ちして、タンクがこちらに向かって追いかけてきたら、それだけで「もうけもん」です。時間を稼げます。これで十分トレーサーとしての役割は果たしたことになるよ。「タンクはチョイ撃ちだけ。」これを覚えておこう。
 

一気に敵陣に突っ込んで、敵をおびき寄せて、敵の防衛線を押し上げる

敵がたくさん待ち構えてたり、敵のラインハルトの盾が強力に守っていて、味方が全く敵陣を突破できないことってありますよね。こんなときにもウラが取れればよいのですが、取れないこともあります。そんなときでもトレーサーなら敵の防衛線を押し上げるきっかけを作ることができます。それは正面からでもいいのでブリンク3連発で一気に敵を置き去りにして敵の後ろまで進みます。そのまま敵の制圧エリアに入ってしまいましょう。そうすると、画面上の制圧ゲージが増えます。それを見た敵はあなたを倒しに、制圧エリア(敵の防衛エリア)まで戻ってくるでしょうね。
 
ここで敵が2,3人戻ってきたらラッキー!その分、さっきまで突破できなかった防衛ラインが手薄になっているはずです。このタイミングで味方が前線を押し上げてくれたら、トレーサーの役割は果たしたことになるよ。ボイスチャットでパーティメンバーと連携したらなお良し!
 
ただし防衛ラインや、制圧エリアにトールビョーンのタレットが置いてあることがあるので要注意!タレットはトレーサーの天敵です。
 
他にも書きたいことがあるのですが、今日はここまで。加藤さんの余談に執筆時間を使いすぎた(笑)
 
それでは!
 

○こちらの記事もおすすめです