読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPS初級の極み 〜初心者上達のコツまとめ~

初心者向けに多くのFPSで使えるスキル上達方法を紹介。誰でもできる立ち回りを中心に学び、頭を使って上達!”初級の極み”つまり中級に到達できます!

初心者がキルレ1.0を超える最短の方法、コツをここに記す…


スポンサーリンク

【便利グッズ】FPSに最強!コストは最適!おすすめゲーミングディスプレイ!

便利グッズ

f:id:whiteblacking:20160315221247j:plain

ハードウェアチート編 其の二 (別名、金で解決してキルレアップ編)です。
前回はゲーミングヘッドセットのおすすめを書きましたが、今度はディスプレイです!ゲーミングディスプレイ(ゲーミングモニター)買いました(笑)。これすごい。普通のテレビと全然違うわ。ゲーミングディスプレイって普通のディスプレイと何が違うのか。色々な機種があるけど、選ぶポイントは何なのか。FPSに適したディスプレイはどれか。これらを解説していきます。

ちなみに宣言どおり、こちらの記事で書いた収益はもう少し増やして再投資しました!

結論を先に書きますね。後で選んだ理由などを書いていきます。

スポンサーリンク

 

PS4で使うことを考えると最適なゲーミングディスプレイはコレ!

今回私が買ったのはこちらのディスプレイ。BenQの24インチ。GL2460HM

 

むちゃくちゃ良いですよ!敵や景色がクリアに見える動きが早い戦闘シーンでも残像がない。これまで残像があったことがすごくよくわかりました。結果的に目が疲れません。遠くの ゴマ粒より小さい敵が良く見えるんです(笑)。これまで敵に「今の良く見えたな…」っていうやられ方をすることがありましたが、私自身がゲーミングディスプレイを使ってみて良くわかりました。見える(笑)、見えるんです、とおーーーくの敵が。

そして何より安いです!色々ゲーミングディスプレイを調査しましたが、FPSに最強スペックで最安なのがこのディスプレイです。

私はゲーミングディスプレイを使いはじめてから、FPSが上手くなった気がしています。

BenQの24インチゲーミングディスプレイ GL2460HM

私が買ったGL2460HMをもう少し紹介しますね。このディスプレイはノングレアなので映りこみもなく快適!フラッシュをあえて使って写真を撮ってみましたが、反射のテカリがないでしょ。

f:id:whiteblacking:20160311213507j:plain

 

しかも、最初に書いたとおり、安いです!色々ゲーミングディスプレイを調査しましたが、FPSに最適なスペックで、最安なのがこのディスプレイです。

ちなみに最後まで対抗馬として悩んだのがASUSのVX238H-P。 ASUS VX238H-P

 

 

こちらはGTG応答速度1msです。これも良さそうです。

 

便利リンク:

Amazonのゲーミングディスプレイランキング

 

ちなみにディスプレイとps4はHDMIケーブルで接続します。

 

応答速度が1ms~2msのディスプレイを必ず選ぶこと!

もし、先ほどのBENQ、ASUS以外のディスプレイを選ぶ場合は応答速度をちゃんと見ましょう。『応答速度』とは簡単に言うと、ディスプレイへの表示の一連の動作を始めてから終わるまで時間のことです。例えば、

応答速度:5ms (GTG 2ms)

スペック表にはこんな感じで書いてあります。表示されているのは基本的には黒白黒と表現するまでにかかる時間です。FPS向けディスプレイとしては応答速度は 1ms、2ms のものを買いましょう

応答速度が高いと具体的に何が有利なのか?

FPSプレイ中に敵に会うと、あなた自身はこんな動きをするはずです。

・敵のプレイヤーがあなたの前に敵キャラクターを動かす

・あなたのディスプレイに敵キャラクターが表示される

・あなたが目で敵を発見する

・トリガー握る

・弾発射

・敵に弾を命中させる

 

ここで、例えば応答速度が10msのディスプレイを使っていたとすると、

・敵のプレイヤーがあなたの前に敵キャラクターを動かす

画面表示に10ms経過する

 ・あなたのディスプレイに敵キャラクターが表示される

・あなたが目で敵を発見する

・トリガー握る

・弾発射

・敵に弾を命中させる

 この様に、あなたの動作の開始が10ms遅れるということです。応答速度が1msのディスプレイを使っていたら9ms早く動けるということになります。

つまり、早ければ早いだけFPSに有利ということですね。また、GTGはグレーtoグレーの略で、色の付いた一般的な映像を表現するときの速度を表しています(黒白黒を順に描画するような特殊な状態ではなく)。ですので、GTGの応答速度重視で選べばいいです。

最初の例の、

応答速度:5ms (GTG 2ms)

という表記の場合は、

このディスプレイの応答速度は2msだな、

と読んでいいです。この応答速度はFPSをやる上では最重要項目です。

 

スポンサーリンク

 

リフレッシュノートの間隔が短い(PS4の人は読み飛ばしてOK)

結論を先に書くと、PS4でプレイする場合は、ゲーミングディスプレイを名乗っているディスプレイさえ選べば、リフレッシュノートはあまり気にしなくてもいいです。リフレッシュレートとは、ディスプレイが1秒間に画面を書き換える回数です。数値が高ければ高いほどぬるぬる動くということです。ぱらぱら漫画の絵の枚数が多いということですね。

リフレッシュノート:60Hz 

この様な表記をします。ゲーミングディスプレイで良くあるのは 60Hz、100Hz、144Hzです。PS4用のディスプレイならば 60Hzで十分です。理由はPS4が60Hz以上の描画ができないからです。ですので、PS4の場合はリフレッシュノートは気にしなくていいです。144HzのものはPC用に選びましょう。

ディスプレイのスペックで他に見ておいた方が良い項目

他は一般的なスペックですが、

・サイズ:私は24インチにしました。注意点は、同じメーカーのゲーミングディスプレイでも画面の大きさ違いで応答速度が遅いディスプレイがあることです。

・画面表面処理:ノングレアがいいです。部屋の照明の映りこみがありません。

・最大解像度: 1,920×1,080 (フルHD)

・最大表示色: 約1677万色

・入出力端子: HDMI があるもの

・スピーカー:お好みで。ただ、ディスプレイのスピーカーは限りなくしょぼいです。私はこちらの記事で紹介しているゲーミングヘッドセットを使っています。

 


 

ゲーミングディスプレイで強くなれるのか?上達の効果があるのか?

私はゲーミングディスプレイを使いはじめてから、明らかに勝つ回数が増えたと思います。アサルトライフルで遠くの敵を倒せる機会が増えました。 ちなみに、お金を投資だするなら、ぶっちゃけ効果が大きいのはゲーミングヘッドセットだと思います。ですのでハードウェアスキルアップ術として買う順番は、

 

1.ゲーミングヘッドセット

 

2.ゲーミングディスプレイ

 

の順がオススメですよ!

 

 

それでは!

便利リンク:

Amazonのゲーミングディスプレイランキング

 

(おまけ 読み飛ばしてOK)私がモノを買うときの基準

私のものを買うときの選ぶ基準は、「Amazonでランキング上位」のものです。理由はたくさん台数が出ているものは不具合があってもマイナーチェンジで対応されている(可能性が高い)ためです。私はモノを買うときよくこの考え方で買います。

・まずは自分が大事と思うスペックを明確にする(今回であれば応答速度)

・その上でAmazonランキングの上位のものから選ぶ

・あ、もちろん金額は考慮しますよ

 

○こちらの記事もおすすめです

【便利グッズ】プレステ4(PS4)とスカイプ(Skype)の音をゲーミングヘッドセットで同時に聞く

【便利グッズ】ゲーミングヘッドセットのオススメ

初心者,初級,cod,bo3,コールオブデューティ,ブラックオプス,バトルフィールド,BF,初心者講座,,