FPS初級の極み 〜初心者上達のコツまとめ~

初心者向けに多くのFPSで使えるスキル上達方法を紹介。誰でもできる立ち回りを中心に学び、頭を使って上達!”初級の極み”つまり中級に到達できます!

初心者がキルレ1.0を超える最短の方法、コツをここに記す…

スポンサーリンク

【Overwatch】【立ち回り】”攻撃の波”を意識する。オーバーウォッチ独自の立ち回り。

f:id:whiteblacking:20160604172351j:plain

以前書いた記事。

【the DIVISION】【立ち回り】皆が揃うまで撃ち始めるな!

まさにこの考え方が、オーバーウォッチにも当てはまります。この記事で書いた例の映画はダメダメな例です。でもオーバーウォッチ初心者は、こんな立ち回りをやっちゃってますねー。

オーバーウォッチもthe Divisionとおなじように、味方の位置を確認して、息を合わせて攻撃することが大事です。攻撃の波です。あせっちゃだめです。

 

スポンサーリンク

 

 オーバーウォッチの目的は敵を倒すことではないよ。忘れずに。

 オーバーウォッチの目的は敵を倒すことではないということをぜったいに忘れてはだめですよ。ルールはいくつかありますが、攻撃がわでも防衛がわでも、エリアを確保することが目的です。
 
敵をたくさん倒しても意味がありません。大事なのは拠点・制圧エリアを確保することです。簡単なことなのに、ついつい忘れてしまいがちです。気をつけましょう。
 
これを踏まえて意識しなければならないことがあります。攻撃の波です。
これもすごく簡単なことなのに、初心者のうちはつい忘れてしまいます。オーバーウォッチの立ち回りの基本ですよ。
 

攻撃の波 を意識すること

攻撃の波 とちょっとかっこつけていいましたが(笑)、簡単に言うと一人で攻めてはダメで、味方と一緒に攻撃しよう、ということです。
これは特に攻撃がわのときに言えることですが、味方の攻撃の波を意識しましょう。
 
拠点にはたいてい敵ヒーローが待ち構えて防衛しています。二人以上の敵がいるところに一人で突っ込んでも圧倒的に不利です。あなたが攻撃力の高いオフェンスヒーローだったとしてもね。
 
どうすればいいかと言うと、簡単に言うと「よーいドン」で味方とみんなで突っ込む、ということです。
 
この場合も、全員が真正面から突っ込むというわけではありませんよ。例えば、
  • 裏取りが得意なリーパーはウラから
  • ラインハルトはシールドを構えては正面から
  • バスティオンは後方からガトリングで攻撃
といったふうに、それぞれの得意な交戦距離、スタイルで、「よーいドン」で突っ込むんです。
 

連続してやられると、熱くなってきて忘れちゃう

そうなんです、熱くなると、このシンプルな立ち回りを忘れてしまいがちなんですよねー。
 
リスポーン(復活)したら、すぐに突撃して、一人で拠点をとりに行く、やられる。
リスポーン(復活)したら、すぐに突撃して、一人で拠点をとりに行く、やられる。
リスポーン(復活)したら、すぐに突撃して、一人で拠点をとりに行く、やられる。
・・・
 
熱くなるとこの繰り返しになってしまいがちです。私自身も注意しないといけないな、と心に刻みながらこの記事を書いています(笑)
 

リスポーン(復活)したら、敵、味方の位置を確認する。

リスポーンしたらこのように立ち回りましょう。ひといき入れることが大事です。

・リスポーン(復活)
・敵とぶつかる直前の隠れれるところ(壁の裏など)まで進む。ここで一息入れる。
・味方の位置を確認する(慣れてきたらここまで移動しながら確認しておく)
・壁から少しのぞいて敵の人数を確認する(これは、できたらでいい。ムリしない。)
・3,4人自分の周りに集まってきたら突撃!
(または、敵よりも多い人数が集まってきたら)
 
これです。これができない場合、リスポーンのタイミングが悪いと、何度も一人で敵陣に突っ込んで、何度も一人でやられることになります。。。
 
味方の位置はこのマークを良く見ること。

f:id:whiteblacking:20160604172409j:plain

 

例外あり。オーバータイムは一人でも、とにかく突っ込む

ここまで書いた攻撃の波を意識する立ち回りが基本ですが、例外があります。それはオーバータイムです。オーバータイムとは、時間切れ直前の、時間延長中のこと。サッカーのアディショナルタイムのようなやつね。
 
オーバータイムの発動ルールはこうです。
  • 制圧エリアやペイロード(防衛対象の車とかね)周辺に負けそうなチームのヒーローが一人でも残っている
  • この状態で所定の時間切れとなる
このときにオーバータイムに突入します。
 
オーバータイムで勝負がつくのは、こんなとき。
  • 負けそうなチームのヒーローが制圧エリアなどの目的地から全員いなくなったとき
つまり、負けそうなチームは、とにかく制圧エリアや、ペイロードに一人でもいいから味方を送り込み続ける必要があるということです。
 
オーバータイムは、味方が来るまで壁の後ろで隠れて待つ必要はありません。他の味方がそんな貴方をみたら、「はよ突っ込めや!」と思うでしょう(笑)
オーバータイムは、リスポーンしたらとにかく早く制圧エリアに走って、飛び込みましょう!またはペイロードの車にペタっと張り付きましょう!
 
オーバーウォッチはゲームのルール、目的を忘れないようにしましょうね。キルレートを気にする必要は全くありませんよ。
それでは!

○こちらの記事もおすすめです