読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FPS初級の極み 〜初心者上達のコツまとめ~

初心者向けに多くのFPSで使えるスキル上達方法を紹介。誰でもできる立ち回りを中心に学び、頭を使って上達!”初級の極み”つまり中級に到達できます!

初心者がキルレ1.0を超える最短の方法、コツをここに記す…

スポンサーリンク

CoD:WW2の海外最新情報!開発中にActivisionが参考にした(であろう)映画、テレビ番組、書籍リスト。

f:id:whiteblacking:20170503020348j:plain

どうもホワブラです。

ゴールデンウィークの時間を利用して、ブログのデザインを一新してみました!

いつも見に来てくださっている皆さん、ここが「初級の極み」です。訪問ブログを間違えているわけではないですよ(笑)

パッと見、色合いが変わった事はわかりやすいと思うけど、実は細かいところをいろいろといじっています。グローバルナビとか、フォントなどなど。今のところPC版しか変更していませんが、もうじきスマホ版もデザイン変更する予定ですよ。

さて、海外サイトではCoD:WW2の情報がさらに更新されていたよ!

ということで本記事では、海外ActivisionのCoD:WW2最新情報をお届けします。テーマは・・・

Immerse Yourself in World War II

訳:君もWW2にどっぷりつかろうぜ!

スポンサーリンク

 

元サイトはこちら。本家Activisionです。

community.activision.com

5月3日にこんな記事が出ていたよ。

World War II has a rich history of films, books, and television shows that have been produced for many years. Even while the war was still underway, filmmakers, storytelling, authors, and historians were busy documenting the events at every turn, providing news, insight, and even entertainment to audiences around the world.

We’ve compiled a list of just a few of the sources where you can learn more about World War II.

 

WW2は様々な映画や、本、テレビ番組として長年にわたり制作されてきた歴史があるよ。戦争がまだ行われていたとしても、映画製作者、脚本家、作家、歴史家の人たちは、世界中のみんなに、ニュース、考察、エンターテイメントなどを提供するのに忙しくしてただろうよ。

俺たちは、みんながWW2を学ぶのに役立つ情報をリストアップしたぜ。

 つまり、

「仮に”WW2という戦争が続く”という、みんなにとって不幸な状態であったとしても、マニーのために戦争をネタにしたメディアビジネスは続いていただろう」

という様なことを言っていますね。(私の解釈も入ってます。)

そして、Kevin Kellyさんは「過去の映画や本などの情報をリストアップしたぜ」と言ってるね。実際のゲームの開発の場でも、これら情報を参考文献としてゲームを作りこんでいったのだと思います。

 

Activisionが参考にした(であろう)WW2の映画

元記事にはこんなタイトルと、簡単な説明がリストアップされていたよ。

・Bridge on the River Kwai (1957)

 A Bridge Too Far (1977)

・The Big Red One (1980)

Saving Private Ryan (1998)

・Memphis Belle (1990)

・A Midnight Clear (1992)

・Downfall (2004)

 

ほれ、先日の記事に書いたとおり、やっぱりプライベートライアンは参考リスト入ってるね。

先日のこの記事でプライベートライアン(Saving Private Ryan)にも触れています。

 

最近の映画だと2004年のDownfallがリストに入っているね。映画は好きだけど、正直に言うとこの作品は見てないな(笑)。CMを見ても、そこまで私の心に刺さらなかったんだろう…。

www.youtube.com

スポンサーリンク

 

テレビ番組と書籍のリスト。ごめん、ほぼ省略。

書籍では一部気になるのはこちら。Okinawa と記載があったので調べて見た。

 

・With the Old Breed: At Peleliu and Okinawa
  by E.B. Sledge

邦題は、「ペリリュー・沖縄戦記」とな。

 

Amazonレビューの一部を「映画の宣伝キャッチコピー風」に説明すると・・・、

 「圧倒的な臨場感」

 「海兵隊の苦悩本」

 「すごい戦いだったのが目に浮かびます」

気になる(笑)。このコメント、私がねつ造したわけではないよ(笑)。実際のAmazonのレビューに、こんな感じの内容が書かれてます。しかも、Amazon上の評価はほとんどが「★5つ」とめちゃくちゃ高い。

CoD:WW2発売までまだまだ時間があるので、ゲームをもっと楽しむために、本を読んでみても良いね。

Amazon ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫) ユージン・スレッジ

 

ちなみに、他のテレビ番組と書籍は省略!テレビ番組は日本では放映されていないものだろうからね。書籍については、冒頭に貼っつけたリンク先のActivisionのサイトを見たら、タイトルと著者がわかります。WW2の書籍が気になる「歴史好きなあなた」は、元リンクを参考にしてね。他の書籍も気になるものがあるよ。

 

今日はここまで。

それでは!

○こちらの記事もおすすめです